フィナより効果があるアボダート

個人差はもちろんあるとは思いますが、アボダートはフィナステリド含有のAGA治療内服薬よりも効果があると言われています。アボダートの服用を考えている方は是非当サイトを参考にしてください。

アボダートに含まれるAGAに有効な成分

現在では、男性型脱毛症の原因が男性ホルモンをDHTに変化させてしまうことが大きな理由であることがわかっていますので、様々な医薬品の開発が行われています。
AGA治療薬としてはプロペシアなどが有名なものとなりますが、それ以上に効果があると考えられているものにアボダートがあります。
アボダートは、2001年にイギリスのグラクソ・スミスクライン社によって開発されたデュタステリドという有効成分を含んでいる医薬品となります。
元来は前立腺肥大症の治療薬として開発されたものでしたが、脱毛症の治療薬としての効果を得ることができるものとして認知されています。
AGAの原因がDHTというものにあって、DHTを抑制させるためには5α-リダクターゼ酵素の働きを抑制することが大切になります。
アボダートに含まれている有効成分であるデュタステリドは、5αリダクターゼ酵素のI型とII型を阻害する効果があります。
フィナステリド5mgを服用した患者のうち、57%に発毛効果があったことに対して、デュタステリド0.5mgを服用した患者のうちの63%に発毛効果が現れたデータがありますので、フィナステリドと比較した場合にデータの上でもデュタステリドのほうがAGA治療に効果があります。
このことから考えてもプロペシアと比較して、アボダートのほうがAGA治療薬として効果が高いと言えます。
デュタステリドを含有しているアボダートを服用することによって、稀に副作用を発症することがあります。
副作用の症状としては、勃起不全や性欲の減退などがあると言われています。
服用量を多くしすぎると、これらの副作用の危険性も高まりますので、服用の際には副作用のことも把握して行う必要があります。