個人差はもちろんあるとは思いますが、アボダートはフィナステリド含有のAGA治療内服薬よりも効果があると言われています。アボダートの服用を考えている方は是非当サイトを参考にしてください。

アボダートは耐性がつく可能性がある

アボダートはイギリスの製薬会社が開発している薬で、もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されており、日本やアメリカでも認可を受けています。ただし、治験においては前立腺肥大症のみならず、治験者の発毛が確認されて思わぬ具合に薄毛治療の効果があることが分かりました。日本では薄毛治療薬としての正式な認可はなされていませんが、大きな注目を集めています。

このアボダートは男性型脱毛症を引き起こす5αリダクターゼと呼ばれる成分の働きを抑えて、頭髪の成長を阻害するDHTが生成されるのを防ぎます。そもそも一般的な薄毛治療薬の成分であるフィナステリドが5αリダクターゼの2型しか抑えられないのに対して、アボダートに含まれるデュタステリドという成分は1型と2型どちらも抑えることが可能。その分だけ強力にDHTの生成を抑え込む力を持っています。プロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド配合の薬を服用してもなかなか効かなかった人が、このアボダートに変えるとすぐに効いたという話も聞かれるほどです。

ただしアボダートを使用する上では副作用にも目を向けなければなりません。男性ホルモンに影響を与えるため、精力の減退や勃起不全を感じたりすることもあるでしょう。精子の数に変化が生じる可能性もあるようです。そして、アボダートはステロイド系の薬であるため、もしもこれを長期にわたって服用しつづけていくと耐性がつく可能性があるのも知っておかねばなりません。この耐性とはつまり、身体がこの薬の影響力や効力に慣れてしまってだんだんと効き目が鈍ってくること。アボダートもそうした症状が出てくる可能性が無いとも言い切れません。

そのような場合であっても決して決められた容量以上のアボダートを服用しないようにしなければなりません。多くの分量を飲むとその分だけの副作用の発症が引き起こされる可能性もありますので注意が必要です。