個人差はもちろんあるとは思いますが、アボダートはフィナステリド含有のAGA治療内服薬よりも効果があると言われています。アボダートの服用を考えている方は是非当サイトを参考にしてください。

新しい育毛剤キャピキシルとは

育毛成分のキャピキシルとは、カナダの会社によって作られた従来までとは異なる画期的な成分となります。
キャピキシルの主な成分としては、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3が配合されています。
アカツメクサに含まれている成分には、AGA治療薬として知名度の高いプロペシアに含まれているフィナステリドと同じように、男性型脱毛症であるAGAの原因とされている5αリダクターゼの働きを抑制させる効果があることがわかっています。
男性型脱毛症のAGAを発症してしまう原因としては、5αリダクターゼという還元酵素が男性ホルモンと結びついてしまうために、DHTという物質が生成されます。
このDHTの影響によって抜け毛や薄毛の症状が現れてしまうことがわかっていますので、DHTを生成を行ってしまう5αリダクターゼを食い止めることができれば、AGAの治療効果を得られることになります。
キャピキシルを5%配合している育毛剤に関しては、AGA治療薬として効果があることで知られているミノキシジルの3倍の効果があると言われています。
ミノキシジル自体には脱毛を抑制させる効果があるわけではありませんが、キャピキシルには脱毛そのものを抑制する効果もあると考えられています。
AGA治療に対してフィナステリドなどよりも効果が高いと考えられているものには、イギリスの会社が開発したアボダートがあります。
アボダートは元来では前立腺肥大症の治療薬として開発されたものでしたが、現在ではAGA治療としても効果が期待できるものと知られています。
アボダートの主要成分としては、デュタステライドが含まれていて、こちらの成分も5αリダクターゼの働きを抑制させる効果があるために、AGA治療に効果を発揮します。