個人差はもちろんあるとは思いますが、アボダートはフィナステリド含有のAGA治療内服薬よりも効果があると言われています。アボダートの服用を考えている方は是非当サイトを参考にしてください。

脱毛症治療薬としては認可されていない育毛剤

アボダートとは、英国の会社が販売している医薬品で、従来は前立腺肥大症を治療する目的として米国の食料医薬品局に承認された製品となります。
アボダートには男性型脱毛症の治療としても効果があることが判明したために、現在ではAGA治療薬のプロペシアなどと比較した場合であっても効果が高い医薬品として知られています。
米国では認められている医薬品となりますが、日本では未承認のために個人輸入代行業者が行っている通信販売によって購入することができます。
なぜ、アボダートがプロペシアを始めたとしたフィナステルド剤と比較した場合でも、高い効果を発揮するかというと、一番の要因としては主成分として配合されているデュタステライドにあると言えます。
デュタステライドには、男性型脱毛症の最大の要因となっている5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。
男性型脱毛症に効果があるとされているプロペシアやミノキシジルにも同様の働きがあると言えますが、5αリダクターゼにはI型とII型があることがわかっており、プロペシアに配合されているフィナステリドには5αリダクターゼのII型しか抑える効果がありません。
それと比較してアボダードに含まれているデュタステライドには、5αリダクターゼのI型とII型の両方において同時に抑制させることが可能なために、高い効果が得られると考えられています。
近年販売が行われているフィナステリドよりも強力な効果が期待できますので、育毛剤の中で最も効果が高いものがデュタステライドを配合しているアドダートであると言えます。
5αリダクターゼはテストステロンという男性ホルモンと結合することによって、男性ホルモンをDHTへの変換させてしまう働きのある酵素となります。
育毛剤を探すときには、5αリダクターゼやDHTの働きを抑えることが可能な商品を選択することが大切になります。